理想の大きさにサイズアップが可能、豊胸施術

メス要らずの手術

黒いランジェーリー女性の胸元

バストを大きくしたいという目的を持って、美容外科クリニックを受診する人が大勢います。
豊かなバストは女性の美の象徴と言われていますが、バストが貧弱だという悩みを抱えている人がたくさんいます。
バストが小さいと洋服を美しく着こなすことができません。
また、貧弱なバストを隠すために猫背になってしまう人もいます。
でも、ほんの少しだけ勇気を出して美容外科クリニックを受診すれば、その悩みから解放されることができます。
実際にどのような豊胸手術が行われているのかというと、メスを使う豊胸手術とメスを使わない豊胸手術の2種類に大別することができます。
メスを使う方法では、人工乳腺バッグをバストに挿入しますので、確実に胸を大きくすることができます。
一方、メスを使わずにヒアルロン酸などを注入する方法を選択すれば、傷跡の心配をする必要がなくなります。

美容外科の豊胸手術は、一昔前まで人工乳腺バッグ挿入法が主流になっていました。
この方法で手術を受ければ、挿入したバッグが破損しない限り、永久的な改善効果を得ることができます。
また、挿入するバッグの大きさを変えることで、思いのままのサイズにすることができるというメリットがあります。
ただし、初期の頃はバッグが体内で破損してしまうことがたまにありました。
また、被膜拘縮が起こってしまうこともしばしばありました。
そのような事態を回避できる手術方法として開発されたのが、ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法などです。
しかし、ヒアルロン酸注入による効果は2~3年しか持ちません。
また注入した脂肪の定着率の問題などもあります。
そのため、現在もその治療効果を改善する研究が日々続けられています。